--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.04 22:38|英語
今日から我が家は普段の生活モードに戻りました。
三が日、遅~い朝食はお節料理にお雑煮でしたが、今朝は久しぶりの銀シャリ。
娘は会社へ、孫は保育園へと、バタバタと出かけて行きました。

実践ビジネス英語の英作文をなんとか仕上げました。
今回はアップルのスティーブ・ジョブ死去にまつわる内容、いつもより長めで、てこずりました。
テキストが15日に出て、締切が10日なので、いつも月末までに郵送しているのですが、先月はいろいろあって失念してしまい、正月明けにハタと気が付き、昨日から2日がかりでやっつけました。
毎回悪戦苦闘していますが、月一の修行として、なんとか継続しています。
年明け早々から「継続」にピリオドを打つわけにはいかんと、踏ん張りました。
以前は電子辞書を脇において、Wordでやっていましたが、今はネット上の辞書を駆使しながらの作業です。
便利といえば便利ですが、あまり考えずに、イージーに頼りすぎてしまいがちです。

「継続」といえば、ジイジの課題の一つ、年1度のTOEIC受験を去年はパスしてしまました。
一昨年得点が急降下、その後奮起して頑張るどころか、段々勉強がおろそかになってしまいます。
なので、受けてもまた下がってしまうのではないかと、弱気になってしまったのです。
ところが、年末Yさんから、60代後半のご友人が970点を取ったという話を聞いて、ちょっと刺激を受けました。
というわけで、もういっちょやったろかという気になっています。

英語絡みで、最近知った面白い言葉を紹介します。
まずは、topless
Topless barとかtopless waitressといえば、説明を要しないでしょう。
Topless jarというと、ふたのない瓶ということで、これも何となくわかります。
ところが、topless meetingとなると、どうでしょう。
LaptopやSmart PhoneなどのDigital Deviceの使用が禁止される会議のことだそうです。
Laptop-lessにすることにより、参加者の集中力が増すだけでなく、会議が短くなるメリットがあるといわれています。

次は、反対語のbottomless
Bottomless dancerといえばヌードダンサーは分かります、bottomless barとは、何でしょう。
bottomlessの女性がいるバーではなくて、飲み放題のバーという意味だそうです。

スポンサーサイト
2011.10.31 15:31|英語
今日は英語ネタと歌を二つ。

まずは、Here, There, and Everywhere
ラジオ講座で、ユビキタス (Ubiquitous、「いつでも、どこでも、だれでも」) と同義語で、上記の表現があることを知りました。
どんな使われ方をするのだろうと思って、ネット検索してみると、思いがけないものに遭遇しました。
それは、ビートルズの曲でした。
聞いてみて、「あー、なんだこれか」と思いました。
曲名は知りませんでしたが、いい曲だなあと思っていたものです。
ビートルズのバラード曲の中では"イエスタディ"に匹敵するとういわれるそうですが、頷けます。
歌詞が十分聞き取れないので、ネットから下記の通り拝借。
心がなごみますので、お聞きください。


To lead a better life
I need my love to be here

Here, making each day the year
Changing my life with a wave of her hand
Nobody can deny that there's something there

There, running my hands through her hair
Both of us thinking how good it can be
Someone is speaking but she doesn't know he's there

I want her everywhere
And if she's beside me, I know I need never care
But to love her is to need her everywhere
Knowing that love is to share
Each one believing that love never dies
Watching her eyes and hoping I'm always there

I will be there and everywhere
Here, there and everywhere

よりよい人生を送るため
愛する人にここにいてほしい

ここで 二人して日々を重ねていく
彼女が手を振るだけで僕の人生は変わる
そこに働く不思議な力を否定できる人はいない

あそこで 彼女の髪に指をからめ
二人ですばらしい未来に思いを馳せる
誰かが話しかけても 彼女はちっとも気づかない

どこでも彼女にそばにいてほしい
いっしょにいれば何も心配しないですむ
彼女を愛するということは いつも彼女を必要とし
愛を分かちあうということ
どちらもがこれを永遠の愛と信じることだ
彼女の瞳を見つめながら 常にそこに映っていたいと願う

どこにいようと僕がいっしょだ
ここでも あそこでも どこにいても


さて、もうひとつは案山子。
土曜日に孫があるハロウィンの催しに参加しました。
主催者のアメリカ人が、子供たちに案山子の絵を見せて、”Scare Crow”といってました。
案山子は「カラスを脅かす」といっているのだなと思い、じゃあ案山子のことを英語でなんていうのかなと思い、帰宅後調べてみると、”scarecrow”そのものだと知りました。
案山子でさだまさしの曲を思い出しました。
これもほろりとする曲です。




おまけハロウインにちなんだ川柳を、
「ハロウィン 仮装不要の女房」
こえ~。
まあ大人が参加することはないのでしょうが。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
にほんブログ村


2011.06.15 20:31|英語
菅さんの「一定の目処」というやつが、波紋を呼んでいますね。
曖昧模糊としたところが、もとより狙いだったのでしょうが、立場立場で好き勝手なことを言い合っています。
いたずらに時だけが過ぎていくのが、なんともやり切れません。

ちなみに、英語ではどんな風に表現されているのかなと思って、調べてみました。
米誌『タイム』; 
 once we reach a certain stage in tackling the disaster  
 (大震災の処理がある段階に達したら)
米紙『ワシントン・ポスト』;
 once that is settled
 (それが落ち着けば、解決されれば)
英紙『フィナンシャル・タイムズ』
 after more progress had been made in dealing with the March 11 disaster
 (3月11日の大災害への対応でもっと進歩したら)

日本語ですら意味不明ですから、やっぱり英語の方もまちまちですね。
こういうビミョーな表現は、外国人記者泣かせですね。

題材「荷物」「省略」の川柳;
「買い物に誘われてみれば荷物持ち」
 こんな時しか誘われないとは、トホホ…。
「お荷物にならないようにPPK」
 75歳ピンピンコロリが理想だと思っています。
「荷が届く受け取る妻に払うオレ」
 奥方に通販品が届き、支払は亭主なんて、よくあるのでは。
「ステップを略すほどにムード減り」
 昔はしかるべき手順を踏んだのに、いきなり…とは。
「職場の略語を家に持ち込まんで」
 職場と家庭の間ではモードの切り替えが必要です。
2011.02.24 22:00|英語
花粉症のことを、英語でhay fever(ヘイフィーバー)といいます。
直訳すれば、干し草熱ですが、牧草が枯れる頃に起きることから、こう呼ぶようになったそうです。
最初マレーシアで、pollen allergy(花粉アレルギー)といってみましたが、通じるには通じましたが、こっちの方が一般的だと教えられました。

関連表現;
I'm allergic to cedar pollen. (私はスギ花粉症です。)
My nose is running. / I have a runny nose.(鼻水が出ています。)
My nose is stuffed (up). / I have a stuffy nose.(鼻が詰まっています。)
I have red eyes. (目が充血しています。)

マレーシアといえば、「煙害」というのがありました。
毎年6月~10月にかけて、マレーシアを含む南東アジアは、インドネシアの焼畑農業の煙が風に乗ってやってくるのです。
最近はあまり聞きませんが、以前は非常に深刻な問題になっていました。
視界は悪くなるは、喉が痛くなるはで、花粉症同様マスク対策が不可欠で、大変でした。
空港から乗ったタクシーで、最近のsmoking pollutionはどうだと聞いたら、煙草がどうとうかこうとかという頓珍漢な返答。
あとで、煙害のことはhaze(ヘイズ)ということを知りました。

ついでにマレーシア絡みをもう一つ。
あちらには、Jaya Juscoという巨大なショッピングモールがあちこちにあります。
関東にいた頃は、スーパーといえばイトーヨーカ堂がメジャーで、ジャスコはマイナーでしたので、Jaya Juscoのでかさは驚きでした。
(九州はジャスコばかりでヨーカ堂がないので、我が家の女性陣はご不満です。)
Jayaというのはマレー語で成功を意味し、~jayaという都市名がたくさんあります。
ジャヤジャスコは語呂・語感もよく、現地に定着しています。
日本では3月からジャスコはイオンに店名変更になりますが、マレーシアではどうなのででしょう。

題材『笑う』の川柳;
「酒よりも笑いが身体(からだ)に一番だ」
 日本では「酒は百薬の長」、西洋では“Laughter is the best medicine.”
「笑えないジョークも笑う宮仕え」
 上司や顧客のつまらない冗談にも、お付き合い笑いをしていたような気がします。
「笑わせて飯食う芸人家で貝」
 外では快活な人が、家では暗~いなんて、よくありそうです。
「笑うほど幸せ(しあわせ)のみか皺(しわ)増える」
 『おててのしわとしわをあわせて、しあわせ。なぁ~むぅ~』のはせがわは、福岡なですね。
2010.11.28 20:43|英語
今日はTOEICを受けてきました。
去年までは会場が九産大でしたが、今年は博多駅から徒歩10分のところになり、楽になりました。
ひさしぶりの博多駅、すでに「阪急」の看板が出ていました。

教室内に入って見渡せば、毎度のことながら、ぶっちぎりの最長老です。
なんだか場違いの世界に紛れ込んでしまったようです。
TOEIC白髪頭は場違いか

年に一度の頭の体操の日、疲労困憊です。
普段ぼんやり過ごしているジイジにとっては、2時間 (Listening100問+Reading100問)根を詰めるのは大変なことです。
二時間のテスト終わればヘーロヘロ
金払い痺れて疲れてアホみたい

高い受験料を払って、2時間神経をすり減らし、疲れ切るなんて、馬鹿みたいですね。

Readingの方は時間ぎりぎりでしたが、まあ出応えあり。
しかし、昔から弱いListeningは、相も変わらず。
ランの方はとうの昔に自己新とは縁が切れましたが、こちらの方は2年連続自己新でまだ発展途上。
でも3年連続は、無理かな~。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。