--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.19 17:37|未分類
このところ大震災について触れることがありませんでした。
日夜大震災関連情報・報道の中で生きているので、日夜考えさせられています。
その中でごもっともとうなずかされたものを紹介します。

① 東奥日報の4月19日の記事
Quote
 東日本大震災の復興策の青写真を描く政府の「復興構想会議」の初会合で一騒動あったようだ。原発問題を外して議論するようにという菅直人首相の意向が伝わると、委員から異論が噴き出した。当然だろう。

 原発抜きの議論は意味がないと哲学者梅原猛さんは言った。「原発で生活が豊かになった近代文明そのものが裁かれている」と見る梅原さんは、今回の災害を天災でも人災でもない「文明災」と位置付ける。突き詰めて考えようと国民に呼び掛けているふうでもある。

 われわれが大きな恩恵を受けてきたエネルギーの大量消費社会は、もはや立ち行かないのだろう。経済活動が盛んになって便利な暮らしに慣れるうちに、エネルギーは黙っていても湧いてくるものだと勘違いしてしまった。議論するまでもなかった幸せな時代とはおさらばだ。

 首都圏から遠く離れた地域が原発エネルギーを生み出し、繁栄を支える。何だか私作る人、あなた食べる人の関係に似ている。ないと信じてきた過酷事故が起きると、被害はすべて地元が被る。まったく理不尽としか言いようがない。誰かの一方的な犠牲によって成り立つ国はまっとうではない。

 福島第1原発事故は、人知の限界と途方もないリスクを残酷なまでに教えている。収束はうまくいって半年先といい、見えない放射線の恐怖が一帯を覆う。周辺住民が自宅に落ち着き、農業や漁業が息を吹き返すのはいつの日か見当も付かない。エネルギー政策の文明論的見直しは待ったなしだ。
Unquote
 
「文明災」とは、至言ですね。

② 朝日新聞「声」;事故の一因 私たちの生活にも
Quote
考えてみよう。電力会社に原発を造らせたのは誰だったのか。際限のない便利さや快適さを追求してきたのは誰だったのか。(中略)今起きている放射能拡大危機という事態の一因は、電力使用者側にもあるのではないか。原発を作らせたのは、その時々の行政と国民だったといえないだろうか。(中略)原発をなくすため私たちはどのような生活をしなければならないのか、よく考えてみようじゃないか。
Unquote
 
悪者捜し、魔女狩りのようなことをやっていては、何ものも生みません。
今回の大震災は、私たち自身の生き方に大きな転換を迫っているのだと思います。
私たちがこれまで歩んできた道は、正しかったのか、間違っていたのか、よーく振り返って考えたいものです。
スポンサーサイト
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。