--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.13 06:23|読書
久しぶりに重松清の本を読みました。
「かあちゃん」です。
kaachan.jpg   
Amazonにはこんな紹介がされていました。
「重松清が満を持して挑む、初の母親小説! 昭和の母から平成の母、強い母からどこまでも優しい母……第一章から第八章まで連鎖するストーリーとともに登場するかあちゃんたちが胸と涙腺を揺さぶる一冊! 。
『お母ちゃんな…笑い方、忘れてしもうた』親友をいじめた。誰からも助けてもらえなかったあいつは、自殺を図り、学校を去った。残された僕たちは、それぞれの罪を背負い、罰を受けて、一人の年老いた「かあちゃん」に出会った―。母が子どもに教えてくれたこと、子どもが母に伝えたかったことを描く、感動の最新長編。」

いかにもこの作家らしい作品でした。
主人公が次々に変わっていきます、それも思わぬ人に。
しかし、全体としてはひとつの物語であり、各章の主人公の母親(かあちゃん)の像が浮き彫りにされていきます。
いろんなかあちゃんが出てきます。
でも最後は「やっぱりかあちゃんていいなあ、強いなあ」というところに落ち着いていき、ほろりとさせられます。
そしてもうひとつ全体を串刺しにしているのが、いじめの問題です。
子供の視点に立った語り口は、相変わらず独特のものがあります。
なるほどこんな風に感じるものなのかなあと、感心させられます。

ジイジはのかあちゃんは、働きづくめで、何が楽しみだったんだろうと思わざるを得なような人でした。
そんなかあちゃんを亡くして、もう40年近く経ちますが、それでもたまに夢の中に出てきます。
この本を読んで、久しぶりにかあちゃんの思い出にしばし耽りました。
スポンサーサイト
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。