スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可也山ラン

2010.10.27 21:47|ラン
久しぶりに可也山を走ってきました。
ここ数日天気が悪くて走れなかったので、今日は無性に走りたくなって、昼頃飛び出しました。
自宅~可也山~自宅、1時間15分、密度の濃い練習ができました。

途中3組に会いましたが、1組は後ろから迫る足音にぎょっとしたようでした。
まさか走って登ってくる人間がいるとは思わず、猪か何かと思ったのでしょう。
登山者を猪出たかとぎょっとさせ
山頂では同年代らしき3人に会いましたが、呆れ顔でどのくらいで登ったのか聞かれました。
晴天の上風も強く、視界は最高でした。

可也山は、標高365m、糸島富士とも呼ばれる、旧志摩町のランドマークです。
日光東照宮の鳥居が、その可也山から切り出されたものだということを、移住して暫く経ってから知った時は、驚きました。
約400年前に、黒田長政が、徳川家康を祀った東照宮に大鳥居を寄進したそうです。
60t以上の巨大な鳥居を、1400Kmという遠大な距離を輸送したというのですから、想像を絶する苦難があったはずです。
実は私は日光のある栃木県の出身なので、日光は馴染み深いものがあり、それが今住んでいるところと縁があろうとは、夢にも思いませんでした。
さらにその後、輸送ルートの中に、移住前に住んでいた埼玉県K市も含まれていたという説もあることを知り、可也山-長年住んだ町-出身県が、線と線でつながっていたとは、本当に信じられないことで、何か不思議な「縁」を感じたものです。
今年2月可也山登山ツアーで、(旧)本籍地が同じ、日光の近くの出身、こちら在住というAさんと遭遇したのも、本当に奇遇でした。
可也山が不思議な線で結ばれる

2007年5月に萩往還を走りましたが、その前には毎週のように可也山に登ったものでした。
関東時代はアップダウンの練習をする場に不自由したものでしたが、こちらでは住んでいる団地は小高い丘の上にあり、市内には高低さまざまや山があり、全く不自由しません。
おかげでアップダウン抵抗力は随分強まりました。
萩・阿蘇・玄海を走れたのは環境様々です。
いつか志摩四山巡りマラニック(彦山231m-立石山210m-可也山365m-火山246m)をやってみたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。