スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さだまさし

2010.11.06 07:33|読書
さだまさしの「茨の木」を読みました。
読み終わった後、深い、やさしい、あたたかい感動に浸りました。
表現力に乏しい私には、どうこの感動を伝えたらいいのか分かりません。
彼の作品は、「解夏」「精霊流し」「眉山」に次ぐ4作目ですが、感動度は最高でした。
「眉山」に勝るとも劣らぬ素晴らしいエンディングです。
余韻が残るというか、想像力を膨らませるフィニッシュです。
私はCDを数枚持っているほど、彼の歌が好きで、音楽面の才能だけでもすごいと思っていましたが、小説家としてもまた一段と好きになりました。

茨の木

舞台は突然届いた父の形見のヴァイオリンの作者を求めてのイギリスがメインです。
私はイギリスには2回行ったことがあります。
1度目は学生時代にヨーロッパ放浪の旅をした時であり、2度目は10年ほど前にマレーシアの会社からの出張でした。
1度目はロンドンだけでしたが、2度目はソニーのブラウン管の工場のあったウェールズ州のブリジェンドという町を訪ねました。
マレーシアの工場からソニーへ部品を供給する話が決まって初めての出張でした。
ロンドンとブリジェンドの間を車でハイウエイを使って往復しましたが、途中素晴らしい田園・牧場風景に目を奪われまたのを、この本を読みながら思い出しました。

そういえば、その時にこんなことがありました。
ロンドンに宿泊した早朝暗い内に宿からバッキンガム宮殿へ向かって走っていた時です。
確か今頃の季節で、Tシャツとランパンではかなり寒かったはずです。
反対側を歩いていた二人連れの男が私に向かった何か大声で叫んでいるのです。
最初は何を言っているのか分かりませんでしたが、よく聞いてみると「ロッキー、ロッキー…」と、寒空の中をジョギングしているいかつい中年外国人に、冷やかし半分にエールを送ってくれていたのです。
嬉しくてなって、思わず拳を天に突き上げて、Thank youと叫んでいました。

さだまさしに戻りましょう。
「関白宣言」はあまりにも有名な歌ですが、「関白失脚」という曲もあります。
昔社員旅行の夜カラオケでこれを歌ったら、何と情けないことに、泣けてしまいました。
最初は中年男の悲哀に笑ちゃいますが、最後は切なくしんみりする歌です(歌詞の後段下記参照)。
さだまさし、歌も小説もいい。

それぞれ ご不満も
おありの ことと思うが
それでも 家族になれて
よかったと 俺思ってるんだ

そして今日も 君たちの笑顔守るために
仕事という名の 戦場へいく
右に定期券 左に生ゴミ
人は私を 哀れだと言うけれど

俺には 俺の幸せがある
君たちの幸せのためなら 死んでもいいと誓ったんだ
それだけは 疑ってくれるな
心は 本当なんだよ

世の中思い通りに 生きられないけれど
下手くそでも一生懸命 俺は生きている

俺が死んだと いつの日か
何かちょっと 困った時にでも
そっと思い出して くれたなら
きっと俺は とても幸せだよ

がんばれ がんばれ がんばれ……
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。