スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマネギ

2010.11.24 21:35|野菜
今年で3季目になりますが、タマネギをいっぱい作ろうとしています。
一般的には11月頃に苗を調達して植えつけるのですが、種からの栽培にも挑戦しました。
ところが、生育がどうもはかばかしくなく、苗が市場に出回る頃になっても、貧弱なまま。
このままではいかんとあわてて次々と苗を買い足し、とうとう延べ5品種400本にもなりました。
極早生の博多こがねEX、早生の貴錦、中生の中生こがねとアンサー、中晩生のネオアースです。
これに種からの、早生の博多こがねと中生のアトンを加えると、なんと延べ7品種。

昨シーズンまではあまり品種を意識することなく作っていました。
春先収穫すると、ご近所さんや友人知人にお裾分けし、あとは我が家用に貯蔵していました。
ところが、吊るして保存する適当な場所がなく、納屋の中にぶら下げておくと、腐ってしまうのです。
腐らせてしまうのももったいないので、今春は産直の店に出すようにしました。
今年は上記の通り多品種を手掛けるため、少し勉強してみました。

すると、いろんなことが分かってきました。
早生・中生・晩生は収穫の時期の違いだけでなく、貯蔵性が違うのです。
3月中旬~4月収穫の早生は、柔らかくてジューシーで甘く、サラダなどの生食に適しています。
ただ、水分が多いため、暑くなってくると腐りやすくなるのです。
私が腐らせてしまったのは、環境の悪さばかりでなく、品種のせいだったのです。
5月下旬~6月収穫の中生は、約半年、つまり年内は保存ができます。
6月獲りの晩生は翌年2月迄つるし玉保存が可能です。
ということで、うまくミックスして作れば、1年間タマネギに不自由しないという訳です。
となると、まだ晩生が買い足させねば…。

話は変わりますが、昨日は某イベント会場に天装戦隊ゴセイジャーが登場するというので、孫といってきました。
大変な人垣で、孫を肩車して見せましたが、20Kg近くなっており、15分が限界でした。
肩車孫の成育実感す
ゴセイジャー孫は喜び爺ばてる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。