スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡丹肉

2010.12.19 20:39|未分類
昨夜は、日英友好忘年会でした。
同じ団地内に住む英国人のEさんと交友のある有志が集いました。
今回も英語の達者なHさんがお膳立てをし、店は宴会部長のUさんが選んでくれました。

今回は、その名もズバリ「狩人」という、猪料理を食わせてくれるという店でした。
こちらへ移住してから、Oさんのところで何度か猪肉をご馳走になったことがありますが、本格的なのは初めてです。
鍋料理の入る前に出てきたのが、なんとスペアリブ。
固いかなと思いきや、肉は柔らかで、美味でした。

鍋料理の具材が大皿に盛られて登場となりましたが、肉の色鮮やかなこと。
猪肉を「牡丹肉」いう語源については、諸説あるようですが、白い脂肪に縁どられた赤い肉が切り分けられて皿に盛った状態が、牡丹の花のようであるというのが、頷けます。
味噌をベースに味付けされた鍋料理でしたが、これまた美味でした。

ところで、猪肉は山間部などでは「山鯨」ともいうそうですが、それは肉の食感が鯨肉に似ているためだとか。
また、牡丹肉以外にも、馬は桜、鹿は紅葉、鶏は柏のように、花木にたとえた肉があります。
それぞれの語源はというと、…。
 桜;桜の咲く頃が一番美味しいからとか、鍋で煮て火が通り始めると、ほんのり桜色になるとか。
 紅葉;百人一首の「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は恋しき」から。
 柏;昔の鶏は羽毛が茶褐色で、柏の葉の色に似ているからとか、柏手を打つ姿と鶏が羽ばたく姿が似ているからとか。
  ただ、以前は東日本でも通用していましたが、今では専ら西日本で使われています。

さて、何故このように別称があるかというと、獣肉食が禁忌とされた時代に隠語として使われたのだそうです。
それにしても、なかなか粋なネイミングですね。
では牛や豚はどういったのでしょう。
それが隠語はないのです。
何故かというと、こういった隠語ができた頃、日本には牛や豚を食う習慣がなかったのです。

ちょっと飲み過ぎてしましましたが、今朝は6時前から走りました。
冬至が近いだけに、夜明けが遅く、懐中電灯を切ったのは、桜井神社から彦山へ向かう途中。
スロージョグでも、2時間40分ノンストップ、ばてました。

クリスマスが近くなったところで、…。
クリスマス賀状書きが待ったなし
 クリスマスソングを聞くと、年賀状がもう待ったなしだという気になります。
クリスマス楽しかったのいつまでか
 クリスマスが一番楽しかったのは家内と婚約時代でした。
クリスマス チキン受難の季節なり
 世界中で一体どれだけの鶏が虐殺されるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。