スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なおす

2010.08.24 11:11|未分類
先日バーバと孫の会話;
孫「バーバ、オモチャ、なおすとー?」
バ「えー、どこがこわれてる『と』(最近たまーに出るようになりました)?」
孫「?????」
バ「?????、あーそー、しまうとね」
(なおす=片付ける、しまう)

孫は紛れもなくバリバリの福岡っ子です。
保育園に通うようになってから、福岡弁がジャンジャン身についてきました。
先生も園児も地元の言葉丸出しですから、当たり前っちゃー当たり前ですがね。
今じゃあ孫が我が家でBest Local Speakerです。
私は博多弁だけでなく、糸島弁もだいぶ分かるようになってきたと思っています(でもMさんのトークにはまだまだついていけないところもあります)が、家内はまだまだで、孫の言葉にきょとんとすることがあります。

孫はまだ読むことも書くこともできないのに、一丁前の会話をするようになりました。
自分が英語でこんなやり取りができるのかと思うと、何年勉強してきたんだと、恥ずかしくなります。
言葉って、まず耳から覚えるものですね。
多民族国家のマレーシアでは、英語・マレー語・中国語(北京語・広東語・福建語…)・ヒンズー語等のマルチ・リンガリストが珍しくありませんでした。
生まれた時から、いろんな言葉が頭の上を飛び交っているわけで、絶えず複数の言葉のシャワーを浴びている内に、自然に身についてくるのでしょうね。
ある若い中国系の新入社員に、名前は漢字でどう書くのかと聞けば、分からない、さらに聞けば、読み書きの方はさっぱりだというのですから、驚きです。
また、書いている英文を見ると、スペルはでたらめ、文法もなっちゃあいない。
しかし、そういう彼女が英語のTV番組を見て笑っているのに、こっちは笑えない。
語学力って一体なんなんだと思い知らされたことがあります。

彼らにとって、言葉はまさにコミュニケーションの道具に過ぎず、要は意思の疎通ができさえできれば、それで十分なのです。
最近グローバル化に対応すべく、社内言語を英語にしようとする企業(楽天やユニクロ)が現れているようですが、大変でしょうね。
頭が日本語モードで固まってるのを切り替えようというのですから。
やっぱり言葉は、鉄同様「熱い内に打て」ですね。

うちの孫も、マルチの従姉妹がいるので、Skypeを使って会話できるようになればいいなあなんて思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。