スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橙の加工品

2011.01.13 23:13|調理
昨日は孫娘の3歳の誕生日で、Skypeを使って双方の家族全員で会話をしました。
孫娘は、寒い日本に来てからも風邪ひとつひかない元気者ですが、ますます活発になっているようです。
また、誕生日プレゼントが今日届いたとのことで、お礼の電話がありました。
可愛いものです。

さて今日は、O氏から橙を有償で譲ってもらおうと思って電話したら、収穫の手伝いをしてくれんかといわれ、急遽作業者として出動することになりました。daidai1.jpg

橙の最大の用途は、鏡餅などのお正月の飾りであるため、出荷のピークは12月。
このため今頃の時期になると、収穫を完了させてしまうとのこと。
ちなみに、私の用途は、ママレードとポン酢です。
昨シーズンO氏から戴いた橙を使って、初めて上記両者を作ってみました。
教えてもらったレシピやネット仕込みのレシピを頼りにして、何度かやってみている内に、昔の友人に送ってみたところ、好評でした。
ママレードは、他の柑橘類にも展開するようになりましたが、やっぱり橙色という言葉通りの色合いで、橙が一番です。
また、原材料は橙と砂糖だけ、添加物ゼロの安全・安心というのも売りです。
まさか自分がこんなことをやるようになるとは思いませんでしたが、はまっています。
田舎暮らしの水先案内人、Oさんのお陰です。

今日は肉体労働の対価として、ごっそり橙を戴いてきましたので、夕方から早速調理です。
明日ポン酢も作って、長女のところにも送ってやろうと思っています。

<橙;雑知識>
秋頃にできる実は酸味が強く苦味があり、 "bitter orange"とも呼ばれる(猪も食わないようだ)。
実は最初は緑で、冬に「だいだい」色に変わるが、実は落果しにくいためにそのまま次の年の夏まで残ることがあり、その場合また緑色になる。
そこから「回青橙(かいせいとう)」という名前もある。
そしてまた次の冬がきたら再度だいだい色になる。
こうして、一つの木に新旧の実がなるところから「代々(だいだい)」の名がついた。
(名前としてはふつう「橙」が使われる)
縁起のいい名前から、お正月の飾り物としても使われる。

ところで、年明け早々に設定したカウンターが、サイト運営者側の問題で数日前に突然消えてしまいました。
今日やっと復活に漕ぎ着けたようですが、またゼロからです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。