スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恕」(思い遣り)

2011.04.05 21:54|未分類
さが桜マラソンを、久しぶりに真面目目一杯走ったら、後遺症が出ました。
昨日は足腰の筋肉がパンパンに張っていて、体全体に疲れが残っていました。
やっぱりレースで本気に走ると違います。
春日部陸友会のYさんがよくいっていた言葉を思い出しました。
「レースは最高の練習である。」
普段の練習ではこれだけ自分を追い込んで走ることはありませんので、まさに実感です。

そのYさん、お堅い金融機関にお勤めでしたが、常に彼の周りには笑いが絶えないエンターテイナーでした。
Yさんの好きな言葉は、「」でした。
これは論語のあの有名な言葉の前に出てきます。
 『子貢問ひて曰く、「一言にして以て終身之を行ふ可き者有りや」と。
 子曰く、「其れか。己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」と。』
訓読みと意味するところは、
①「おもいやる」---その身になって他人の気持ちを思いやること
②「ゆるす」---他人の立場になってゆるすこと
Yさんは息子さんに先立たれ、墓を立てられましたが、墓標に「恕」と刻まれていました。

思いやりということでは、震災被災地への支援が大きく広く深く広まっていますね。
個人の義援金としては、ユニクロの柳井さんが華々しく10億円で先鞭を告げました。
それに引きかえ、資産家孫正義さんからの話は出ないなあと思っていましたが、ついに出ましたね。
なんと100億円、やっぱりスゴイですね。
石川遼は、今季の賞金全額を義援金として寄付するとのこと。
その他義援金の話は枚挙にいとまなく、また募金集めのイベント、ボランテイア、被災者受け入れ等々、
全国通津浦々、ワールドワイドに広がっているのは、嬉しいことです。

震災からの復興には、長い歳月を要するだけに、こうした思いやり、助け合いも、
一時的なものでなく、持続し、定着するといいですね。
それにしても、失われたものが大きい(いや大き過ぎる)だけに、
単なる「復旧・復興」ではなく、「再生・新生」であって欲しいものです。
被災児たちは、大変な苦難を糧にして、逞しく、心優しく育っていくでしょう。
そして彼らが、東北や日本が生まれ変わる原動力になっていくのではないでしょうか。
「被災児よ日本再生頼むぜよ」
災いを転じて福と為す、これこそ「日いづる国」じゃないですか。
「日が昇る為福転災おらが国」

我が家の庭の桜が、初めて咲き始めました。
東北にも桜を愛でる日が早く来ますように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。