スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利に放りて行えば、怨み多し

2011.07.24 23:00|未分類
今朝は久しぶりに宮地嶽神社ラン。
最初今年3回目のドボンを寺山海岸でやろうと思いましたが、ここ数日暑さが一服状態のため、アップダウンコースに変更。

「論語のこよみ」が久しぶりに顔を出しました。
孫のドラえもんダーツや保育園の作品が、数か月その前にかぶさったままでしたが、それらが片付けられていました。
すると、現われたのが、
「利に放りて行えば、怨み多し」

注釈には下記のようにありました。
物事を何でも自分の利益本位に考えると、人の恨みを買うことになる。
自分だけの利益になるものは、他人にとっては不利益になることが多いものだ。


これを読んで、ある人(仮にAさんとする)のことを思い出しました。
Aさんは、自分はいつも相手の利益を考えて「考動」しているというのです。
しかし、どうも本当にそうなのかなあと思っています。
本人が、口先だけで相手本位をいっているのであって、実は自分の利益を追求しているのだということを自覚しているのなら、事はシンプルなのですが、そうでないから厄介です。
つまり、本人は相手のことを考えていると思いながらも、その実相手のことはあまり考えていない、それより結局は自分のことを優先的に考えているのです。
その証拠に、相手に対して継続的に関心が払われていない、相手に対する感謝や思いやりの気持ちが伝わってこないのです。
自分が自分を見る目と、他人が自分を見る目との間に、大きなギャップがあることに、気が付いてのです。
相手の眼に映る自分というものを、しっかり見つめるというのは、なかなか難しいものだと思います。

ジイジも偉そうなことを言えたものじゃありません。
家族あっての自分だといいつつ、どっこい家族そっちのけで、自分ひとり突っ走っている面があります。
6つの眼が常に自分を見ているのだということを、自覚してやっていかねばと、襟を正さねば…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。