スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育参観

2010.10.16 22:35|未分類
今日は孫の保育園の参観日で、全員出動となりました。
毎日楽しく通っていますが、実際にどんな様子なのかを見るいい機会でした。
今日は広い部屋でのお遊びたっぷりの体育のようなものでした。
担任のT先生は、いつも元気いっぱい、あけっぴろげの肝っ玉かあちゃんといった感じの人で、孫はこの先生が大好きです。

孫の糸島弁は日進月歩ですが、その源はバリバリの糸島弁を使うこの先生にあります。
「~と」や「~けん」はもう完璧に板についていましたが、先日「T先生が~いいよんしゃったけん」というのを聞いて、一段と磨きがかかってきたなと笑ってしまいました。
「先生が いいよんしゃると 孫がいう」
孫が保育園に通い始めて、最初に我々を戸惑わせた言葉は「しゃーしー」でした。
これを耳にした時は、「エッ、何のこと?」と思いました。
「しゃーしーと 孫に言われて 何のこと」
先生が園児たちに対して、やかましい、うるさいという意味で使ったものであることを、後日知りました。
ともあれ、孫はまさに純正糸島っ子です。

室内を縦横無尽に走り回り、友達とはしゃぎ合い、じゃれ合っている姿を見ると、健やかに育っているなと、嬉しくなります。
「友達と はしゃぐ姿に 胸和む」
でもよくみると、当たり前のことですが、十人十色、実にいろんなタイプの園児がいます。
すばしこいののろまなの、まじめなのふざけたの、元気なのおとなしいの、笑っているの泣いているの、小さなひとつの社会を垣間見る感じです。
「よくみれば 社会の縮図 保育園」
園の連絡ノートにT先生が孫のことを「存在感がある」と書かれていましたが、おちゃらけ、三の線を演じ、皆を笑わせて、確かに目立ってはいました。
このままのびのびと成長していってもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。