--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.29 21:07|野菜
畑がすっかりさびしくなってしまいました。
夏野菜がバタバタと姿を消しました。
おまけに秋ジャガを植えたのが、ほとんど芽が出ず、ガックリ来ています。
秋ジャガの場合はマルチをしてはいけないということを一昨年学習し、
去年はマルチを使わずにかなりの収穫を得ました。
今年も昨年同様にやったつもりなのに、駄目だったのは何故なのか、分かりません。

それから、キュウリの第3弾・第4弾が瞬く間に株が弱ってしまいました。
連作障害なのかなあ。
野菜作りを始めた頃は、どこの畝で何を作ったかを記録していたのですが、
最近はすっかり記憶頼りになってしまっていました。
やはり初心に帰り、基本に忠実にやらなければいけないようです。
反省!

題材『逆らう』『運転』の川柳;

「逆らって無駄と知るのに数カ月」
下手の抵抗は無益どころか、逆効果と知るのに、時間はかからない…。

「この孫も逆らう時が来るのかな」
やっぱりそうだろうな。

「皇族に反抗期ってあるのかな」
皇族の方々を見ていると、人並みに反抗期があるとは思えませんね。

「野に下り抗うばかりの自民党」
昔与党自民党に何でも反対したのは社会党、いまじゃあ自民党とは。

「ハンドルと携帯煙草手何本」
千手観音じゃあるまいし、くわえ煙草で、携帯をしながら、運転しているのを見ると、怖くなります。

「ハンドルを握ると妻は人変わり」
こういう人っていませんか。

「足や手を助手席で突っ張るな」
危ないと思ってこれをしょっちゅうそばでやられるのは、勘弁して欲しいですね。

「ハンドルを後部座席に移そうか」
バックシートドライバー、これまた困ったものです。

「助手席の君はほんとにあの人か」
嗚呼、歳月は人を変えるのか…。


2011.08.05 22:17|野菜
くそ暑い中、早々と冬野菜の仕込みを始めました。
畑作業は早朝の涼しい内にしかやれないのですが、どうしても走る方を優先してしまいます。
その結果なかなか作業ができずに悩んでいました。
そこでBBQの時に使うテントを庭に張って、その下でやれる作業を日中やりました。
ハクサイ・キャベツ・ブロッコリの種をトレイポットに蒔きました。

いろいろやりたものがあるのに、畝がふさがっていて、作業ができません。
Koさんからもらった九条ネギ・ワケギ、ポット植えをしたキュウリ、じか植えのダイコン・ニンジン。
そこで取り敢えず赤紫蘇を処分しました。
OさんとKiさんに差し上げた後は、もう思い切って片づけました。
滝のような汗を流しながら、畝を作り直しました。

それから数日前にやったこと;
ミニカボチャ栗帽の後に、初めてゴボウの種蒔き。
レタスを植えた畝が中途半端にスペースが残っていたので、ダイコンを少々種蒔き。
間引きをきちんとやらずに、不作に終わったニンジンの後に、冬至南瓜用に栗坊を移植。

2011.07.26 22:22|野菜
今日はいやになるくらい蒸し暑い1日でした。
畑仕事も朝の内だけです。
今日は畑の様子について書いてみます。

ナス:
7月に入ってから。パタッと実の付きが悪くなりました。
成っても形が悪かったり、色が悪かったりで、いわゆる「成り疲れ」というやつだと思い、
数日前に更新剪定をやりました。
思いっきりよく、全体を半分以下に切り落としました。
そして、これは初めての試みですが、根元にスコップを入れ、根を切りました。
いわば上半身に合わせて、下半身の方もスリム化・リストラというわけです。
そしてスコップを入れたところに、施肥をしました。
これで秋ナスが楽しめるようになればいいのですが。

トマト:
もうほとんど収穫がなくなりました。
今年はこまめに芽欠きもやり、先端に摘芯もやったおかげで、
これまでにない質量の成果をあげられました。
先端の摘芯をやった後は、何もせずにしておいたところ、
上の方がぼうぼうに乱れ切ってしまいましたが、このあたりはこれでいいのかどうか…。
ともあれ、近々ご苦労さんです。

キュウリ:
第1弾は1週間ほど前に終戦、第2弾ももう終盤です。
バトンタッチがうまくいったと思っていましたが、第2弾は早々とうどん粉病になり、
異形のものばかりになってしまい、収量は第1弾の半分以下です。
実は第2弾は、エンドウを作った畝をそのまま使ったのです。
つまり、支柱を活かすため、適当に施肥をしただけで、きちんとした畝作りをしていなかったのです。
やっぱり何事も手を抜いてはいけませんね。
その反省を踏まえて、第3段は基本に沿って育てていますが、収穫が始まるまで数週間間が空きそうです。

後の野菜はまた明日にして、アットランダム・ヘボ川柳。

夏の果物の代表選手、西瓜、大好物です。
ガキの頃は1個丸ごと食うのが夢でした。
マレーシア時代は、しょっちゅうWater Melon Juiceを飲んでいました。
ウルトラマラソンのエイドで、たまに冷えた西瓜にありつくことがありますが、最高のご馳走です。
「ランナーにゃエイドの西瓜グルメだぜ」

家にリモコンが溢れています。
欲しいリモコンが見つからないでイライラすることがあります。
そんな時、所在が一発でわかるリモコンがあったら便利ですね。
「リモコンを捜すリモコンあったらな」

ふっと振り返ってみたら、お釈迦様の手のひらの上を駆け回っている孫悟空みたいだなと、
俺ってかみさんにリモートコントロールされていたのか、な~んて思うことってありませんか。
「気が付けば俺のリモコン妻だった」

もう7月も残り少なくなり、時の流れが加速しているような感じがします。
「門松は冥土の旅の一里塚」といいますが、なんだか段々と一里塚の間隔が縮まってきているような、
冥土がどんどん近付いてきている気がします。
「一里塚毎年距離縮まれり」

ジイジは何かしていないと気がすまないところがあります。
この年になってなにもそうせかせかせんでもよかろうが、と妻はのたまいますが、
性分という奴はそう簡単に直りゃあしませんよね。
「何を急く 妻はいうけど性分だ」

2011.07.08 21:17|野菜
関東の親戚から、昨日山形県産さくらんぼ「佐藤錦」が届きました。
毎年送ってくれるのですが、今年は例年にも増して大量です。
とても我が家では食べ切れないので、ご近所さんや友人・知人にお裾分けをしました。
その中のひとり、野菜作りのお師匠Oさんのところへ、チャリで届けに行くと、ちょうど軽トラで畑に出られるところでした。
大層喜んでくれ、お土産をいただきました。
それは、素麺瓜でした。
satounishiki.jpg soumenuri.jpg
「さくらんぼ 素麺瓜にヘンシーン(変身)」

話には聞いていましたが、実際に我が家で調理して食べたことはありません。
レシピをメモしてくれましたが、帰ってからネットで調べてみると、…;

●キンシウリ(金糸瓜、錦糸瓜)は、ウリ科カボチャ属ペポ種に属する一年生の西洋カボチャの一変種。アメリカ大陸原産。
● ソウメンカボチャ(素麺南瓜)、ソウメンウリ(素麺瓜)、イトカボチャ(糸南瓜)ともいう。
● ヘタと先を切り落として適当な大きさに輪切りにし、水から茹で、20分弱経ったら冷水に入れると、果肉の部分がほぐれて素麺状になるため、「ソウメンカボチャ」や「ソウメンウリ」の名がある。

夕方今度はトウモロコシとミョウガを届けにきてくれました。
我が家に来られたのは初めてだったので、庭の畑を見てもらいました。
底抜けにあっかるい、元気いっぱいのおばちゃんで、初対面の家内も娘もすっかり打ち解けて、賑やかに歓談しました。

素麺瓜の方は、今日はありつけませんでしたが、楽しみです。
2011.06.24 16:14|野菜
一昨日から30℃を越える真夏日が続いています。
夏野菜がすこぶる元気です。
朝晩しっかりと水をやっているため、ぐんぐん成長しています。
目下キュウリ・ナス・トマトが毎日収穫中です。
なかでもキュウリは連日10本以上取れるので、何かと大変です。

そのキュウリ、元の名を「きうり」といっていたそうです。
ウリ科に属す、黄色い瓜というわけです。
キュウリを採り忘れた時に、黄色い化け物のようにでかくなってしまうことがあります。
つまり、成熟したキュウリは文字通り黄瓜であり、普段食べているのは未熟果なのです。

採り立てのキュウリにはいぼのような突起がありますが、もともとは未成熟な実を守るための刺だったそうです。
また表面が白っぽいのですが、これはブルームというのだそうです。
農薬ではないかと疑われるので、最近はブルームのないキュウリが主流になっているとのこと。
いずれにせよ、いぼがあって、白っぽいキュウリは、新鮮の証拠です。

最初の内はまっすぐなキュウリがほとんどでしたが、このところ異形が混じってきました。
曲ったもの、尻が膨らんだもの、胴がくびれたものetc。
原因は、肥料切れだったり、いっぺんに多くの実を付け過ぎて養分の争奪戦になっていたり、株が衰えてきているらしいので、液肥を多めに与えるようにしています。
また、第2弾として植えつけたものが、ぼちぼち実を付け始めたので、うまい具合にバトンタッチもできそうです。

政界の方も、切れ目なく、若い世代に繋いでいった欲しいものです。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブンガラヤ

Author:ブンガラヤ
海あり山あり田畑ありの自然豊かな田舎を第二の故郷として、半農半Xで、アンチエイジングの闘いをしています。
「年に一度の気力と体力の健康診断」として、ウルトラマラソンを走っています。戦歴;15勝5敗
道楽;野菜作り・川柳・蕎麦打ち
bungaraya;マレー語でハイビスカス

マラソン

糸島観にマラソン
2013年の予定
2月3日 糸島駅伝に志摩アスリートクラブ初参加
4月7日 さが桜マラソン(フル)
5月上旬 第6回志摩サンセットロードマラニック(50Km)
6月1日 阿蘇カルデラスーパーマラソン(100Km)
9月中旬 伊都国100Kmマラニック 
11月中旬 第4回糸島観にマラソン(30Km)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。